マンション投資に失敗しない秘訣【賢くリスク回避】

不動産投資での注意点とは

お金

マンション投資において多い失敗事例としては、無理な資金計画を立てることが挙げられます。賃借人がつかない空き部屋リスクを考慮して、返済金額を少なめに設定する必要があります。また値上がり期待による短期保有も避けることが大事です。

More…

リスクの低減が大切

集合住宅

マンション投資で失敗をしないために大切なことは、1つが何年後に幾らで売却できるかという売却計画を踏まえた上で収支計画を策定することです。そしてもう1つが新築物件よりも築浅物件を優先的に購入するといったコストを極力最低限に収めるための意識を持つことです。

More…

空室が怖くなくなる対策

ロビー

マンション投資を行う際には、空室リスクに対する対策を取ることが重要です。家賃収入を得られない空室は、マンション投資で失敗する最大の原因となります。3つの対策をきちんと取ることで、空室リスクを下げることが可能です。

More…

目先に利益にとらわれない

室内

リスクの認識を持つこと

マンション投資で失敗しないための対策は、考えられるリスクを予め具体的に想定しておくことです。たぶん大丈夫だろうという考え方が、失敗に陥る事例も少なくありません。マンション投資を行うのはサラリーマンなど今まで不動産関連を行ったことのない人も含まれます。成功させ安定した収入を得るためにもしっかりとしたノウハウを蓄積した会社を選ぶことが大事なのです。マンション投資の成功事例はよく紹介されていますが、失敗事例はあまり紹介されていません。投資会社は顧客に良い面を見せることが多いからです。投資会社によって強み弱みはあります。物件選びや利回りについては長けていても、管理については弱い場合があります。そのため、投資会社を見極めた上でリスクを回避していく、また長期的なプランを立てておく必要があります。

必ず起こるリスクの対策

マンション投資の失敗に陥る事例として挙げられるのが、空室のリスクと老朽化のリスクです。さらに金利上昇によるリスク、資産価値低下によるリスク、災害によるリスクなどがあります。起きるかもしれないリスクに関しては、前もって知っておくべきです。しかし老朽化や資産価値低下は必ず起こります。そこで必ず起こるリスクには具体的なプランが必須となります。老朽化のリスクは、修繕費をあらかじめ積み立て費用として計上するなどを行います。資産価値低下のリスクについては、長期的に家賃が減少する事の利回りを想定した物件購入により回避が可能です。目先の利回りにとらわれていると将来的に赤字に転落する可能性もありますので、長い目で見ながらマンション投資は行なっていきましょう。